タグ: Frozenfire(全 1ページ)

申し訳ありません。お探しの記事は現在、このタグを設定していない可能性がございます。 右メニュー「タグ」欄で、似た語句や変更後のタグが見つかるかも知れません。

※メーカーやアイテム名等のタグを設定していない記事もあります。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit --.--.-- (--) | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

097 新緑ピアス

ボディピアス装着写真ガラスのボディピアス

三連ピアス画像-新緑ガラスプラグ

半袖のTシャツ一枚で大丈夫かと思えば、慌てて毛布を引っ張り出すほど急に冷え込んでみたり。不安定な天候の日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

時折思い出したように季節ネタを取り入れてみるものの、普段ほとんど季節感のない私の耳ピアス達。今回は、先日新たにお仲間入りしたガラスのプラグで、自分にしては珍しく春らしい(?)色合いでまとめてみたのでした。


frozenfireプラグ装着アップコッパーで頼んだはずのギャラクシー(中のキラキラ)が緑色っぽかったのが想定外…と思いきゃ、着けてみると新鮮でいい感じ!

ブラウンを背景に、角度を変えると緑~ゴールド~コッパーに変化します。

装着してから気付いたのですが、コッパーギャラクシーの色の変化というのがとても不思議。見る角度が正面からに近いほど緑色が強く、斜めからになるにつれてコッパー(赤銅色)の名の通り、赤みが強く出てくるのです。

室内の鏡で顔を見た時など、新品の10円玉の如き色のキラキラがキラキラしてくれる様が(キラキラしすぎ)大変美しいプラグです。機会があれば「10円玉色ギャラクシー」の写真も撮影してみよう。(上手く撮れるかな…)


frozenfireプラグ装着横から真横から。
ダブルフレアを着けるのに手こずり、少し腫れてしまいました。

この角度からだと10円玉色ギャラクシーも顔を潜め、フロントフレアは透明なガラスだけが見える状態。バックフレアのガラス色はブラウンです。



frozenfireのガラスプラグ(コッパー・ブラウン光が強いせいか「具」の色が飛んでしまっていますね;

ちらほらと混ざる小さな気泡も、ガラスプラグには良いアクセント。


ボディピアスの定番色といえば、ステンレスやチタン製品に見られる、いわゆる「銀色」かと思います。

細かい傷等でくすみはするものの、日頃のお手入れ次第ではほとんど色が褪せる事もなく、時折カラフルな物に目移りはすれど飽きが来ることもあまりなく、安心して長く着けられるのが定番品の良いところ。私も大好きです。

でも時には、カラフルなチタンやガラス製のピアス、色鮮やかなジェムパーツ等を使って季節感を出してみたり、着る物や小物の色とさり気なく合わせてみたり。これもまた、ボディピアスを末永く楽しむ事ができる醍醐味の一つなのかな…と、思うのでした。



2nd.&3rd.ロブ(オービタル)
・ステンレス製サーキュラーバーベル 12Ga. 内径3/8"
 ∟(小)18Kゴールド製ボール 1/8"
 ∟(中)タイタニアム製ビーズ(ブロンズ) 5/32"
 ∟(大)タイタニアム製ボール(グリーン) 3/16"

メインロブ
・ダイクロイックガラス製プラグ "Copper galaxies on brown" 10mm ※

※ Frozenfire
他 ANATOMETAL

関連記事
スポンサーサイト
edit 2013.04.12 (Fri) | Comment: 4 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

095 鴨の羽色のガラスプラグ

ボディピアス装着写真ガラスのボディピアス

piercing095-Frozenfire-plug.jpg

Frozenfireのガラスプラグ達。
年末年始にちょっとしたトラブルに見舞われてしまったおかげで、右耳のメインホールは未だ10mmまでほど遠く…。今のところは左耳だけで楽しんでいます。


Frozenfire-galaxy-peacock.jpg

・バックフレア側のガラス色:ピーコック
・ギャラクシー(内側のキラキラ)の色:ティール

という、今まで手にした事も見た事もない組み合わせでのオーダーでした。実際に届いてみると、自分の中でイメージしていたティールに近かったのはピーコックの方で、ギャラクシーの方は青味がかなり強く… というより、ほぼ青?という印象だったのでした。

とは言え期待外れという意味では全くなくて、ブルーの針状のキラキラの奥にティールが見え隠れ。写真ではお伝えし切れないほど、それはそれは美しいプラグなのです。

nandoiro.pngピーコック、大体こんな感じの色です。


piercing095-earlobe-side.jpg

以前UPした 横からの装着写真から、わずかに角度を変えてみました。

針状のギャラクシーを閉じ込めてある部分のガラスは透明なので、横から見た時にほとんど色味を感じません。この手のプラグの大きな特徴で、見る角度で様々に表情を変えてくれるのが面白さの一つなのですね~。

他社の標準タイプと比べてフロントフレアの厚みが抑えられているように感じるので、この横顔の透明感と相まって、ラージホール向けプラグにありがちな「どーん!」なイメージが、だいぶ和らいでくれるかも知れません。


今まで何度かガラスプラグが登場した際に、ギャラクシーやダイクロイックガラス(ギャラクシーもその一種?)について言及してきたものの、実はその製法や違いなどについては今ひとつ良く分かっていなかったのでした。
ところが最近、ギャラクシーのしくみについて大変勉強になる画像を載せていらっしゃるサイト様を見つけましたので、勝手ながらURLを掲載させていただきます。

FARMHOUSEでワークショップ | ガラス工房 和泉屋
http://glass-izumiya.jugem.jp/?eid=265

なるほど~!「ルチルクォーツのような針状」とは、実に言いえて妙ですね^^



上から
・タイタニアム製キャプティブビーズリング(ティール) 12Ga. 内径5/16"
・タイタニアム製キャプティブビーズリング(ティール) 12Ga. 内径5/16"
・ダイクロイックガラス製プラグ "Teal galaxies on peacock" 10mm ※

※ Frozenfire
他 ANATOMETAL

関連記事
edit 2013.03.26 (Tue) | Comment: 0 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

New Galaxies/Frozenfire

ピアスにまつわる話ボディピアス雑記(長め)

先日新たに仲間入りした、ガラスプラグ二色です。

GalaxiesはGalaxiesでも、今までお馴染みだった Glasswear Studios の物ではなく、ブログやTwitter等でお世話になっている306さんに教えて頂いた「Frozenfire」というメーカーの物を、初めてカスタムオーダーしてみたのでした。


Frozenfireのガラスプラグ(ティール・ピーコック)

Pairs of double flared, 10mm plugs
Teal galaxies backed with peacock glass - 6mm wearable


ティール系のプラグが一つ欲しかったので、バックフレアのガラス色にピーコック、きらきら光るギャラクシーはティールという組み合わせ。

ギャラクシーの色は全く迷わなかったのですが、これに似合いそうなガラスの色(緑~青系)が沢山あるのですよ~。ピーコック、アクア、コバルト、ライトコバルト辺りで散々迷った結果、選んだのはこれぞティールと呼べそうなピーコック。狙い通りでした!


Frozenfireのガラスプラグ(コッパー・ブラウン)

Pairs of double flared, 10mm plugs
Copper galaxies backed with brown glass - 6mm wearable


もう一つ欲しかった色はブラウン。
この子は、ギャラクシーとガラスの色の組み合わせで凄く迷いました。1900オーダー以上あるフィードバックページ(過去のオーダー品)の膨大な画像を参考にしながら、ガラスの色はブラウン、ベリル、あと確かダークブラウンもあったような。

ギャラクシーの色はゴールド、コッパー、オレンジ。この辺りがブラウンに似合いそうだなと当たりを付けて…。

選んだコッパーは想像よりも緑色が強かったのですが(というか想定外でした)、これはこれでとっても美しいアースカラー!ブラウン以外の色チタンピアスとも組み合わせが楽しめそうなので、結果オーライです。


ガラスプラグの裏側(Frozenfire)

バックフレア側(プラグの種類によってはフロント側も?)のガラスの色が選べるのが楽しい。何色もコレクションしたくなってしまいます。


ガラスプラグ(10mm)を着けた耳の裏側

Wearable lengths(装着可能な長さ=フレアとフレアの間のシャフトと呼べる部分の長さ)を標準より短めの6mmで作ってもらったので、耳たぶが薄めの私でも後ろ姿がスッキリしてくれるのが嬉しいです。

とは言え、耳の厚さよりも若干余裕を持たせてあげないと、着けたままの洗浄や腫れた時などに困ってしまいます。
でも大丈夫。この写真は暗くてちょっと分かりずらいのですけど、このようにOリングを付けられる程度の余裕もあるのです(・∀・)

ダブルフレアにOリングとは何やら本末転倒な気もするのですが、フルフェイスのヘルメットを被る時は、プラグが抜けてしまわないようダブルフレアでも必ずOリングを付けるので、普段はOリング+α分のゆとりを持たせておいて、ツーリングの時にはOリングを付けられるという、自分にとって何ともいい感じの長さなのでした。


しかし、00ゲージのプラグをずっと着けていたせいか、10mmのダブルフレアはしんどかったー
オーダーから到着まで二週間、到着から装着まで数日、そして記事になるまでにまた数日。いつもの平常運転とは言え遅筆ですみませぬ。。。


Frozenfire - Etsy -
http://www.etsy.com/shop/Frozenfire


Special Thanks* 306さん - 駄文集 -


関連記事
edit 2013.03.16 (Sat) | Comment: 2 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

プロフィール

AZu.ボディピアスとバイクと生き物と自然が好きなAZu.という人が書いてます。

ご訪問・応援・情報いつも有難うございます。

カテゴリー

タグ

ブログ内検索

 

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

おすすめサイト

PIERCE OF HEARTS
ピアッシング基礎知識、体験談、ギャラリー、掲示板など。私もお世話になりました

BME -Body Modification Ezine -
身体改造愛好家による世界最大規模のコミュニティ。投稿画像や体験談など充実

BME Encyclopedia
身体改造百科事典。英語が苦手でも翻訳ツールで読みたい、圧倒的な情報量です

BAF Photo gallery
2万枚以上の画像を誇るピアスギャラリー。形状/ゲージ/ブランド/素材別で探せます

APP
ピアッシングの専門家による国際的な非営利組織です。"Piercing"の項目は大変有益

リンク

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright ©
2010-2013 Ear Piercings&Body Jewelry Weblog AZ Pierce* All Rights Reserved.
About / Site Map / Contact / テンプレート:サリイ / 素材:bee / 管理:Admin
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。