カテゴリー: 手作りボディピアス(全 6ページ)

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit --.--.-- (--) | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

手放したものと出会えたもの

手作りボディピアスオーガニック素材/道具

ちょっと手を付けては立ち止まり、を繰り返している自作ボディピアスの件。
UPを今か今かと待っている装着写真もあったりするのですが、今書いておきたかった独り言です。

[ できる限り身体に安全な材料で、オリジナルのボディピアスを作りたい ]

これを第一のモットーに、天然由来の材料…動物の角や天然貝などの「素材」、装飾を埋め込んだり貼り付けて固定するための「接着剤」、ピアスを磨き上げるための「研磨剤」など、無学な私なりの手探りですが、様々な分野に首を突っ込みそれらしい物を見つけては揃えて来ました。

道具にも拘りたかった。

ki01.jpg

天然由来の接着剤の第一候補「膠(にかわ)」を溶かす用途で購入した、エッセンシャルウォーマーという道具です。
取っ手の付いた容器に溶かしたい材料を入れ、キャンドルの炎で温めて溶かす事ができるというお品。元々はアロマや手作り化粧品関連で使われることが多いようです。白く丸くコロンとした形がとっても可愛らしい。


正直この道具だけに限った話ではないのですが、買って持っているだけで所有欲が満たされ、ろくに使いもしないのに満足(慢心かも知れない)している節が自分の中にありました。

また、膠を溶かす方法の王道は「湯煎」。
直火にかけるよりも温度の調整がしやすく、誤って材料が焦げ付く心配もないとの情報もあり(小さなキャンドルの火力程度で焦げ付くのかどうかもわからなかったけど)、いつか膠を使うときは湯煎で溶かしてみようかと。購入した時とは心境が少し変わりました。

なので先日、大切に使ってくださる方にお譲りしました。


ki02.jpg

お譲りする方とは幾度となくメッセージを交わしました。

その方がある物を手作りするに至ったいきさつや、私が天然素材でボディピアスを作ろうとしていること、等々。

お互いベクトルは違えど「身体に優しく安全な素材」を求めた結果、この際限なく広いインターネット上でたまたま偶然のタイミングで出会い、ご縁があり、思わず笑顔になってしまうような心温まるお話をさせていただくことができました。
今までボディピアスとはご縁がなかったであろうその方が、唐突に私が語り始めた「ボディピアス」を、優しく受け止めてくれました。

この不思議なご縁とその方の懐の深さに、思わず涙腺がゆるんでしまいそうなほど感動しました。


私がお譲りしたこの小さな道具が、末永く心とお身体の癒しのお役に立ちますように。


スポンサーサイト
edit 2013.12.25 (Wed) | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

自作キャプティブビーズリング、完成間近

手作りボディピアス製作記録

流れ行く日常に身を任せるうち、再びご無沙汰になってしまったキャプティブビーズリング作り。少しずつ完成に近づいています。


ルーターを使ってキャプティブビーズリング製作中

ビーズの溝切りにはホビー向けのミニルーターを使ってみました。


私が使っているのは、PROXXON(プロクソン)の入門モデル[No.28600]です。
大変軽くてコンパクトなので、気負いなくささっと工具箱から取り出して作業できます。
(そう言うわりにはしばらくの間遠ざかっていたよね…;)

柔らかい木材や樹脂類の研磨や切削、薄物の穴あけ加工ぐらいまでなら十分活躍してくれそう。硬い素材や凝った工作には不向きなモデルだとの声もありますが、今の私には勿体なく感じてしまうほど、良い道具です。

ただ、素材や削るシーンによって回転数を調整できないのが現時点での難点といえば難点。常に高速で回転し続けるため微調整がきかず、この時も少し油断すると溝穴からルータービット(先端パーツ)が飛び出してしまい、せっかく角粉で磨いたビーズの表面にクルクルと傷をつけてしまったのでした。

また磨かなきゃ~


リングの太さに合わせて丸い溝を彫ります。

手作りの水牛角キャプティブビーズリング完成間近


手作業と比べてどんどん削れて行く様子が面白く、夢中になっている間に溝の方がだいぶ大きくなってしまいました。でも失敗も経験のうちです!


まとめて小さい方のキャプティブビーズリングも仕上げてしまいましょう。
続きはまた後日です。

edit 2013.10.05 (Sat) | Comment: 11 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

メキシコあわびと鎌倉あわび

手作りボディピアスオーガニック素材/道具

久々に、手作りボディピアスに関連しそうなお話。今回はあわび貝がテーマです。

オーガニックボディピアスの装飾材料(または直接削り出して成形もされます)として馴染み深いのが、ニュージーランド近海で採れる「パウアシェル」です。
見る角度によって様々な表情を見せてくれる、玉虫色の大変美しい貝殻なのですが…

メキシコアワビ貝殻

↑こちら、メキシコの青い海で育まれた「メキシコあわび」も、パウアシェルに負けず劣らずとても綺麗なのですよ~!(2つの違いは未だによくわかっていません;)

先日、螺鈿(らでん)細工を手がける工房さんのブログであわび貝の磨き作業が紹介されていたのを拝見して、我が家で出番を待っているあわびがあったなぁ…と、撮影した一枚です。

ここから先は、2年ほど前に別館ブログに投稿した記事からの転載です。
開店休業状態だった別館を閉じようと決めた時に、「この記事だけはメインブログで残します」と宣言したっきり手付かずだったのでした。
写真を撮ったのを機にこちらに移して、別館は後ほど完全に削除して、気分的にすっきりさせたいと思います。

---------------

edit 2013.09.04 (Wed) | Comment: 2 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

プロフィール

AZu.ボディピアスとバイクと生き物と自然が好きなAZu.という人が書いてます。

ご訪問・応援・情報いつも有難うございます。

カテゴリー

タグ

ブログ内検索

 

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

おすすめサイト

PIERCE OF HEARTS
ピアッシング基礎知識、体験談、ギャラリー、掲示板など。私もお世話になりました

BME -Body Modification Ezine -
身体改造愛好家による世界最大規模のコミュニティ。投稿画像や体験談など充実

BME Encyclopedia
身体改造百科事典。英語が苦手でも翻訳ツールで読みたい、圧倒的な情報量です

BAF Photo gallery
2万枚以上の画像を誇るピアスギャラリー。形状/ゲージ/ブランド/素材別で探せます

APP
ピアッシングの専門家による国際的な非営利組織です。"Piercing"の項目は大変有益

リンク

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright ©
2010-2013 Ear Piercings&Body Jewelry Weblog AZ Pierce* All Rights Reserved.
About / Site Map / Contact / テンプレート:サリイ / 素材:bee / 管理:Admin
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。