月別アーカイブ: 2012年02月(全 2ページ)

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit --.--.-- (--) | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

081 Natural Shell ×3

ボディピアス装着写真多色使い/未分類

天然貝づくしのボディピアスコーディネート画像

アバロニ(あわびの貝殻)プラグのピアスコーディネート。青緑色メインの左耳とは趣を変えて、色調豊かな貝づくしでまとめてみました。

一番上のへリックスにはオパールシェント(オパレッセントとも呼ばれます)のリング。クリップインしたハートのビーズは、アワビ貝で作ったオリジナルの物になります。

この「オパールシェント」は、カラーチタンの中でもひときわ色の変化が楽しめる色。
乳白色を基調としてグリーン~グレー~淡いオレンジなどにゆらゆら変化する様は、まさに宝石のオパールのようでとっても不思議です。素材は違えど、アワビの貝殻で作ったハートのビーズも同じような色の変化を見せてくれるので、光の屈折を利用して発色するしくみが似ていたりするのでしょうか?

オパールシェント(オパレッセント)画像黄緑色?いえいえ、それだけじゃないのです。。。

⇒以前書いたアワビハート製作記録の一番最後に、オパールシェントの色の変化の様子がちょっとだけわかる画像を載せています。宜しければご覧になってみてください。

-----------------

トラガスには「パウアシェル」のジェムエンド。サイズは4mmと私にしてはちょっと大きめ、天然貝特有のマーブル模様がとても素敵です。

パウアシェルの表面アップ画像【パウアシェル】
ニュージーランドのみに生息するアワビ貝の事。その色の美しさからアクセサリーをはじめ様々なものに加工され、現地のお土産としても人気を博しています。

ニュージーランドにあるカンタベリー博物館には、とある港町に住んでいたご夫婦の、パウアシェルコレクションでデコレーションされたお家「パウア・シェル・ハウス(Fred and Myrtle Flutey's Paua Shell House)」が再現され、日々観光客の目を楽しませているのだそうです。

壁一面色とりどりのコレクションが圧巻!実際に見てみたいなぁ。
⇒クライストチャーチ最高!
 カンタベリー博物館再オープン:Paua Shell House
⇒newzealand.org.nz
 Fred and Myrtle Paua Shell House in Bluff

------------------

ロブのプラグは左耳に着けているのと同時に購入した物です。天然貝の色や模様はかなり個性があり、大抵の場合はショップさんの方で左右同じような色を組み合わせて送ってもらえるのですが、今回だけはやや違った印象の子が届きました。
右耳・左耳で色違いを楽しむのもいいな~ とコーディネートの幅を広げるきっかけの一つになったので、問題ナシの結果オーライです★



Data*

トラガス
・ステンレス製ワンピースラブレット 14Ga. ディスク3mm
 ∟タイタニアム製ベゼルセットジェムエンド(Natural Paua Shell)4mm ※1

その他 上から
・タイタニアム製キャプティブビーズリング(オパールシェント)14Ga. 3/8"
 ∟アバロニ製ハートビーズ ※2
・ステンレス製ストレートバーベル 12Ga. ボール1/8"
・ステンレス製ストレートバーベル 8Ga. ボール3/16"
・アバロニシェルインレイ ホーン製プラグ 00Ga. ※3

※1 Industrial Strength
※2 オリジナル
※3 メーカー不明
他 ANATOMETAL

関連記事
スポンサーサイト
edit 2012.02.19 (Sun) | Comment: 4 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

080 あわびプラグと黒とティール

ボディピアス装着写真ティール

天然貝プラグ(00ゲージ)と3つ玉オービタル(ティール/ヘマタイト)装着画像

ちょっと無理してしまったメインのロブはそのままに、2nd.と3rd.ロブのオービタルだけ模様替えしてみました。

3つ仲良く並んだボールは上から約3mm、4mm、5mm。
私が好んで時々する「三つ玉オービタル」の、言わばチョココロネタイプですね(以前『巻き貝』とも呼んでいました)。
両端のボールは同じ名前の色です。ちっこいのがIndustrial Strengthの青っぽいティール、大きいのがANATOMETALの緑っぽいティール。そして真ん中には、ロブのプラグの外周の黒に合わせてヘマタイトのビーズ。

右耳と比べて落ち着いたと思っていたロブですが、こうして見るとまだ少し腫れているようです。長めのプラグのお尻が首筋に当たってロブが上を向いているせい、というのもあるのですけど、あと数日はこのまま着けっぱなしにして様子を見るつもりです。


余談ですが・・・今、私の中で Industrial Strength が絶賛盛り上がり中です。
近いうちに素敵な色のジェムをご紹介できると思いますノシ



Data*

2nd.&3rd.ロブ(オービタル)
・ステンレス製サーキュラーバーベル 12Ga. 内径3/8"
 ∟(小)タイタニアム製ボール(ティール) 1/8" ※1
 ∟(中)天然石ビーズ(ヘマタイト) 直径4mm ※2
 ∟(大)タイタニアム製ボール(ティール) 3/16"

メインロブ
・アバロニシェルインレイ(埋めこみ)ホーンプラグ 00Ga. ※2

※1 Industrial Strength
※2 メーカー不明
他 ANATOMETAL

関連記事
edit 2012.02.12 (Sun) | Comment: 2 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

つづみプラグの「直後」

ピアスにまつわる話ホールのこと/体験談

一般的に、ダブルフレアのプラグやアイレットを着ける時は、ホールよりもワンサイズ細いゲージの物を用いた方が、耳への負担が軽減されるという点では好ましいと言われています。(※)
大抵の場合はそれで問題がないのですけど、一概に全てのピアスや耳に当てはまるという訳ではなさそうですよね。フレアの形状や耳の状態次第では、ホールと同じゲージでも装着が可能というケースも多々あります。逆に大きなフレア(オーガニック系で良くある)の物を通すのなら、ワンサイズ細くするだけでは心もとなかったり。

ホールより細いものを装着したとして、場合によってはピアスが脱走してしまう事もあったりするのが、ダブルフレアのちょっと難しい所でもあります。自分の耳の状態を良く知り、時に専門知識のある方からのご指導を仰ぎつつ、一番気持ちよく着けられるサイズを選択したいものです。


・・・なんて偉そうに書いているAZ○。さん自身が、全然気持ちよくない事をやらかしていたという証拠写真がこちらです↓↓


腫れたイヤーロブと天然貝プラグ

前回の涼しげな装着写真とはうって変わって、やけに生々しく禍々しい写真でごめんなさいm( )m

着けているのは前回と同じアバロニプラグ。同じものだけどさすが天然素材のハンドメイド、こちらはローズピンクを基調とした色で・・・なんて、いつもの調子で紹介など始めている場合ではないですよ。

「ぐにぐに押し進めた」直後はこんな具合にパッツンパッツンで、まさに拡張直後同様に熱を持った状態。何日かの間は、触ると例の痛みも感じます。
前回さらっと「着ける事ができる」なんて書いてしまったのですが、やはりホールがもっと緩んでからでないと、度を越えて大きいフレアのピアスはかなり無理がありそうですね。

ちょっと情けない写真をお披露目してみたところで、説得力もなにもあったものじゃないのですが。
ダブルフレアの購入や拡張をお考えの皆さま、耳には個性がありますので、私の体験談はあくまでもご参考までにお願いいたします。くれぐれもご無理はなさらないよう^^


約9.5mmのホールに、かなり無理してフレア径12mm位のつづみ形プラグを着けてしまったので、「ちょーっとやり過ぎたんでない?」と自戒の意味も込めての補足でした。


※イヤーロブを想定して書いています。また、フレア部分がねじ込み式のプラグやアイレット、折りたたんでの装着が可能なシリコン製ピアス等はこの限りではありません。

関連記事
edit 2012.02.04 (Sat) | Comment: 0 | Hatena Twitter facebook | ▲Page Top

プロフィール

AZu.ボディピアスとバイクと生き物と自然が好きなAZu.という人が書いてます。

ご訪問・応援・情報いつも有難うございます。

カテゴリー

タグ

ブログ内検索

 

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

おすすめサイト

PIERCE OF HEARTS
ピアッシング基礎知識、体験談、ギャラリー、掲示板など。私もお世話になりました

BME -Body Modification Ezine -
身体改造愛好家による世界最大規模のコミュニティ。投稿画像や体験談など充実

BME Encyclopedia
身体改造百科事典。英語が苦手でも翻訳ツールで読みたい、圧倒的な情報量です

BAF Photo gallery
2万枚以上の画像を誇るピアスギャラリー。形状/ゲージ/ブランド/素材別で探せます

APP
ピアッシングの専門家による国際的な非営利組織です。"Piercing"の項目は大変有益

リンク

02
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Copyright ©
2010-2013 Ear Piercings&Body Jewelry Weblog AZ Pierce* All Rights Reserved.
About / Site Map / Contact / テンプレート:サリイ / 素材:bee / 管理:Admin
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。